資料請求はこちら

大事なお金の話

About Fund

資金計画について

家を建てるにはいくら必要なのか?

住宅を建てると考えたとき、必要なお金は土地費用と住宅費用だけではありません。 「本体工事費」以外にも、給排水引込工事、地盤改良工事費、造成・外溝工事などの「別途工事」や住宅ローンにかかる費用・登記費用・税金・火災、地震保険料、仲介手数料などといった「諸経費」がかかります。個々のケースで変わりますので、家づくり後に突然の出費がないようにビリーブの家では予測される費用を含めた資金計画をご提案させて頂きます。

住宅ローンをいくら借りられる?

どの金融機関でも年収に対する返済額の割合に上限があり借入可能金額が決まっています。 しかも、金融機関が提示する借入可能金額というのは確実に返済できる金額というわけではありません。 無理のない返済額ではありません。ですので借入可能額目一杯で借りるのは危険です。 借入可能金額を目安にいくら借りたらいくら返済していかなければばらないのかをわかりやすくご説明しゆとりある生活を送って頂けるようにご提案させていただきます。

将来の支出についても考慮しましょう

人生は年齢とともに変化していきます。たとえば、出産・車の買い替え・教育費・自分達の老後資金など…。 また家を建てたあとにも「固定資産税」「都市計画税」といった税金がかかります。 住宅購入後のライフプランも考慮しておく必要があります。 現在返済できる=ずっと返済できる金額ではありません。 将来を考えたお客様にあったライフプランをご提案させて頂きますのでご安心ください。

自己資金が少ないけど・・・

家を建てたいのに自己資金が少ないからとあきらめている方が多いようです。 当然、自己資金が少しでも多くあった方が返済は有利です。しかし現在のお住まいが賃貸住宅で家賃の支払いがあったり、夫の収入のみで暮らしている場合など「貯蓄」をするのは難しいのも現実なのです。 ビリーブの家では、自己資金が少なくてもお求め安い価格設定を実現しました。 自己資金が少なくてもお客様に合うご提案をさせて頂きますのでご安心ください。

PAGE TOP